不動産 職業について

不動産業界厳しい現実と魅力とは

不動産業界の営業は割高な金額のいわゆる歩合が払われます。
成果の影響を受けることで高い給与が見込めるので1ヶ月にして100万円のサラリーも少なくありません。
しかしながら売り上げ高のない月は固定給という事なので月毎に必ず稼ぐことが出来るというわけでないので長い間連続すると生活が出来ないことになっています。
こちらの事業に長期にわたっている方は、月の報酬100万円と辛い月と両方を体験していると考えられます。
不動産の業界はいわゆる成果主義になります。
成果主義であるから結果を出したら儲けることができると感じている人は関心を持ち、成果主義なのでノルマが重圧となって厳しいと考える方は関心を持ちづらい業界といえます。
業界の職業としてのセールスマンは、言うまでも無く不動産を販売する事や貸す事ですが、他にも建設や仲介と実に仕事のジャンルが多いのが持ち味になるでしょう。
候補が数多くあるのでご自身の能力を生かせるフィールドも多いといえます。

Copyright© 不動産 職業 All Rights Reserved.